top

こども園入園のこころえについて

こども園の入園に関するこころえが記入されています。よくお読みになり疑問点などはお問い合わせください。


登園について


降園について


食育目標について

  1. お腹がすくリズムのもてる子ども

    十分に遊び、1日3回の食事と間食を規則的に摂る環境を整えることで、お腹のすくリズムを経験する。
  2. 食べたいもの、好きなものが増える子ども

    いろいろな食品に親しみ、味覚など五感を使っておいしさの発見を経験する。
  3. 一緒に食べたい人がいる子ども

    家族や仲間(友達・大人)と、会話を楽しみながら食事をする。
  4. 食事づくり、準備にかかわる子ども

    子どもが食事づくり(準備・片付け)にかかわる活動を増やし 、時には家族や仲間のために作ったり準備したりすることで満足感や達成感を得る。 その活動が子どもにとって楽しんでできるものになるように配慮する。
  5. 食べるものを話題にする子ども

    楽しく食べる経験を積み重ねる。また、食事づくりや食事場面だけではなく、 こども園の生活や活動を通して、食べもののことを話題にする経験を増やす。
  6. 気持ち良く食事をするマナーを身につける子ども

    気持ち良く食事をするマナーを繰り返し子どもに知らせていく。


病気について


薬について

こども園では原則として与薬出来ませんが、 主治医から処方された薬については保護者が提出した「依頼書」に基づき、 こども園が協力する形で行われます。
下記のボタンのリンク先から依頼書のダウンロードが可能です。

薬を依頼する場合

  1. 薬の容器や袋に氏名を記入し「依頼書」とともに提出する。
  2. 医師の指示のあった1日分のみとする(シロップ等は、1回分の量を持たせて下さい。)
  3. 薬は、早番(玄関当番)の保育教諭か担任の保育教諭に直接わたして下さい。
  4. 市販薬、解熱薬、座薬、鎮痛剤はお預かりできません

解熱剤について

解熱剤(一時的に高熱の体温を下げる薬)を使用しての登園はできません。
※解熱剤には医師の処方の薬と薬局で販売されている薬があり、服用と座薬の2種類あります。 解熱剤は一時的に高熱を下げるためで回復はありません。 夜中・明け方に使用し登園する時間に熱が下がっていても登園はできません。 気をつけて下さい。

その他